タバコと色々な病気との関係。胃がんとの関係

タバコの煙には約60種類の発癌物質が含まれていると言われています。

この発癌物質が血液中に溶けて全身に運ばれるのですから、全身に影響が及ぶことは自ずと納得のできることでしょう。

よく、コーヒーを飲むと胃潰瘍や胃癌になりやすいと言われますが、実はこれは誤解だという事も近年判明しています。

コーヒーを飲むときに、喫煙する人が多いためで、コーヒーが悪いのではなく、喫煙が胃潰瘍を助長したり胃がんのリスクを高めているのです。
たまたまタバコのそばにいたコーヒーが濡れ衣を着せられたのです。

受動喫煙による被害も、今では知らない人はいないでしょう。
自由喫煙の居酒屋さんではPM2.5の空気中の濃度は568μg/m3です。
喫煙OKのカフェのPM2.5の濃度は300μg、カフェの喫煙室の出口付近は700μgもありました。
中国政府は60~150μgで危険、151~250μgでおおいに危険、251μg以上を緊急事態としています。

自由喫煙の居酒屋さんや喫煙室の出入り口付近の状況は、いったいどう表現すればいいのでしょうか?もはや、瀕死の状態とでも言うしかありません。
喫煙者はPM2.5のことを批判する資格はないでしょう。

「タバコ」、人類はなんと恐ろしいものを作ったのでしょうか。このようなものを作ったことは大きな罪と言うしかありません。

喫煙と生活習慣病との関係も、明らかにされています。

1本吸うと、寿命が5分30秒縮むと言われています。

喫煙すると、血管が縮んで血圧が上がり動脈硬化を促進することはもう多くの人が知っていることでしょう。
副流煙を吸う事で、心筋梗塞や狭心症などの冠状動脈疾患のリスクは25~30%アップします。

厚労省の研究班が発表したところによると、受動喫煙が原因で心臓病で死亡する人は、毎年6800人もいます。

世界中では毎年60万人が受動喫煙で死亡しています。そのうち16万5000人はまだこの世に生まれてから5年未満の何の罪もない幼い子どもたちです。

15歳未満の子どもの40%、非喫煙女性の35%、非喫煙男性の33%が受動喫煙のリスクにさらされています。
まさにタバコは「間接殺人兵器」と言いたいものです。

そして近年注目されているのが、三次喫煙です。
愛煙家の家に行くと壁やカーテンが茶色くなっていることがありますが、あれは壁やカーテンに発がん性物質が染み込んでいるからです。

壁やカーテン以外にも、床、洋服、カーペット、髪の毛、ソファーやベッドなどの家具に発がん性物質が染み込んで、徐々に放出されていることが判りました。
これらから放出される発がん性物質が、大気中の発がん性物質とまじりあう為、タバコの煙そのものよりも危険であることも判っています。

愛煙家の中には「胃がんくらい、今は治る時代だから」という人もいます。
しかし、あなたは良くても何の罪もないお子さんや家族を病気に至らしめて苦しめることにもなります。

愛煙家の子どもには、喘息や気管支炎、発達障害、言語障害、などの病気の発症が多いことも判っています。
全ての病気に、タバコが多かれ少なかれ何らかの関与がある可能性は高い、と言っても過言ではないでしょう。

「禁煙しようかなあ」と思った時が、禁煙初日です。禁煙外来を受診してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です