タバコと飲酒が食道がんなどの病気を発生を高める

タバコの喫煙は、心筋梗塞や脳卒中、生活習慣病などの数多くの病気の原因になるとされていますが、様々ながんの発生率を高める要因の一つでもあります。

有名ミュージシャンの多くや芸能人が食道がんを経験して治療の末に復帰された人もいれば、中には志半ばで命を落としてしまった人も少なくないとされています。

そのがんが発生する原因が、実はタバコと飲酒が関係していることをご存知でしょうか。

最近の若い世代はお酒を飲む習慣がなく、またタバコを吸う人も少ないとされているのであまり話題にはなりませんが、年代的には50代以降の男性に発症率が高いとされています。

その中でも、日頃から強烈なヘビースモーカーである人や強いお酒を飲む習慣がある人は要注意と言えます。

また、性差が大きい病気の一つであり、女性に対し男性は6倍も罹患率が高いとされています。

進行が早いことから自覚症状が出てから発見した頃にはすでに手遅れということも少なくありません。

発症してからの死亡率が高く、年間約2万人が発症しているのに対して、死亡者数は1万人を超えているというデータもあることから、完治が難しいとも言われています。

実は直接の原因は明らかになっていませんが、日本人の食道がんの9割に及ぶとされている扁平上皮がんは、確実に喫煙と飲酒が関係しているとされています。

がんが発症する原因はいくつかのことが考えられますが、タバコの喫煙と飲酒が大きく関係しているのは間違いないとされています。
逆に言えば、喫煙と飲酒を控えることで予防できる病気とも言えます。

では、実際に喫煙と飲酒がこの病気とどのように関係しているのかについて詳しく考えてみましょう。

死亡率が高いとされていますが、毎日の生活の中で意識して過ごすことで発生率を抑えることも可能ですので、しっかりと取り組んでいくことをおすすめします。

食道というのは、飲食物の影響をもろに受けやすい場所であり最も多いとされる扁平上皮がんが発生する場所が食道の中央部に当たります。

食道へ期から最も近い場所にある粘膜は、食道を守るためのひだや器官もないことからダイレクトにタバコやアルコールの影響を受けやすいのです。

行ってみれば、鼻の粘膜や目の粘膜、性器の粘膜にはそれを守るための鼻毛やまつ毛、陰毛が存在していますが、食道にはそういった守ってくれる体毛が生えていないのでそのまま影響して食道粘膜を刺激して、炎症を起こしやすくなってしまうのです。

特にタバコやアルコール摂取は休肝日や禁煙する日を作るなど自分で節制しない限り習慣化してしまうことが多いために食道の粘膜の炎症も慢性化しやすくなってしまうのです。

ちなみにアルコール摂取に関しては、飲むことで体が赤くなる人は要注意と言えます。

人間の体は本来アルコールを分解できる量というのが人それぞれ決まっており、体や顔が赤くなってしまうのは分解する酵素であるアセトアルデヒド脱水素酵素が生まれつき少ないということになります。

アルコールを摂取した分だけ分解できずに体に残るということは、有害物質がいつまでも体内に存在しているということであり、食道はさらに無防備な部分であることから刺激によって影響を受けやすいために、アセトアルデヒド脱水素酵素が少ない人が飲酒をすることはがんの発生リスクが高まってしまうことになるのです。

加えて、飲酒によって傷ついた食道を、喫煙によってさらに傷めつけることになれば、病気のリスクが高めるのは当然と言うことになるでしょう。

つまり、食道がんを予防したいのであれば喫煙と飲酒を控えるしかないのです。

この先も元気に健康的に生きていくためにも、休肝日を作ったりタバコの本数を減らす、あるいは喫煙と飲酒を平行に行わないようにして食道の炎症を慢性化させないように気を付けるのが良いと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です